Home >

悠久のモンゴル遊牧民 川田敏章
〜生活民具展〜
令和3年5月7日(金)〜8月8日(日)(金・土・日開館展示)
0

ごあいさつ

 初めてモンゴルを訪れたのは1993年のこと。「ゲル」と呼ばれる天幕の中に生活に必要な全てのものを備え、季節ごとに家畜とともに移動する遊牧民の生活は、当時大学生だった私に衝撃を与えた。その後、自然とともに生きる遊牧生活に憧れた私はモンゴルに留学し遊牧民と生活を共にした。

 遊牧民の生活は、家畜の乳や肉を糧として自然の恩恵を最大限に活用する一方で、冬は零下40度にも達する過酷な環境の中で自然の脅威と常に向き合うものでもあった。

夏の穏やかな日差しの中で仲間と酒を飲み昼寝した日、厳冬の中で家畜と共に凍えた日、狼の襲撃から夜通し家畜を守った日、大雪で動けなくなった家畜の死を術もなく見守った日、家畜の出産期に夜通し出産を見守った日。わずか2年の生活の中で、生きるとは何かを学んだ気がしている。

 人が自然と真剣に向き合うモンゴル草原で使われている道具には無駄がない。その一方で、形や色など、厳しい環境で暮らす人々が心豊かに過ごすための知恵が込められ、人智を超える自然への畏怖と祈りが込められている。

 今回展示する物品は、私が遊牧生活で使っていた道具のほか、家族同然となった遊牧民から、日本にモンゴル文化を伝えてほしい、モンゴルを忘れないで欲しいという想いを込めていただいたものばかりである。

 現在もモンゴル草原で使われている道具をご覧いただき、大草原に生きるモンゴル遊牧民の力強い生活に想いを馳せていただければ幸いである。

7月25日 馬頭琴コンサート開催

 モンゴルの伝統的な弦楽器「馬頭琴」。その音色を聴いてみませんか?

 7月25日14:00〜荒木集成館1階教室で開催します。入館料のみでご入場できます。

馬頭琴

荒木集成館の概要 〜地元の歴史・文化がわかるコレクション館〜

荒木集成館

 荒木集成館は、集成館という名があらわすように、考古を中心としたあらゆる収集品(コレクション)を展示・紹介する博物館です。

 1952(昭和27年)、中学教師だった荒木實は、生徒の拾った一片の土器をきっかけに考古学の研究をはじめました。そして多くの遺跡の発掘調査に参加し研究を続け、1970(昭和45)年10月31日、名古屋市千種区に自らの力でミニ博物館「荒木集成館」を設立しました。

 その後、1978(昭和53)年12月14日、天白区に財団法人荒木集成館として移転。そして平成25年12月3日付けで荒木集成館は「財団法人」から「公益財団法人」になりました。

 二階の常設展示室では、土器や石器などの考古資料を時代ごとに展示しています。特に荒木自身が発掘・調査研究を行ってきた「東山古窯址群」と呼ばれている昭和区・千種区・天白区の遺跡からの出土品が、展示の中核となっています。

 一階の展示室では、化石・陶磁器などジャンルを問わず、さまざまな展示会が行われています。ここは、一般の収集家や研究者の方々の長年の成果を発表する場となっています。当館が収蔵する江戸時代から昭和にかけて数多く焼かれていた名古屋のやきもの展示も定期的に行っています。

公式Twitter